日本オルタナティブスクール協会(JASA)会員校/私立通信制高校サポート校

通信制サポート校東京共育学園
 
ご入学に関するご相談やお悩み
通信制サポート校東京共育学園
入学案内
新入学募集要項
転編入学募集要項
Q&A
入学希望の皆様へ
保護者の皆様へ
HOME > 入学案内 >入学希望の皆様へ
 
 
■中学生の皆さんへ

本校は、生徒も先生もみんなが「知り合い」という、アットホームな学校を目指しています。少人数制の学校ですから、話したことがない先生などはあっという間にいなくなります。生徒たちも先輩・後輩の壁などなく、クラスや学年を越えて交流しています。

本校の特徴の一つとして、「職員室」がないということがあります。皆さんは、「職員室」に入るのが好きでしょうか? きっと嫌いな人の方が多いと思います。先生がいっぱいいる所に入ろうとするだけで緊張してしまいますよね! それが、先生と生徒が仲良く何でも話をする上での壁になっていると思うのです。

小学校では、先生がいつも教室にいることが多いですが、中学校では、教室にいることがほとんどなくなってしまいます。そのことで、いじめが多くなったり、皆さんの心や体の変化に気づきにくくなったりする原因の一つになっていると思うのです。ですから、本校では、いじめが一番起こりにくい環境、皆さんの体調などに目が行き届く環境にしようと考えたのです。

本校に入学してくる生徒たちは、多くの場合、何かしら悩みを抱えてきます。不登校を経験したり、勉強についていけなかったり、友人関係がうまくいかなかったり、校風が合わなかったり、本当にさまざまな理由で入学をしてきます。そうした、同じような悩みを抱えた生徒同士だからこそ、お互いの気持ちがわかり、すっと打ち解けることができるのかもしれません。また、そうした悩みを相談しやすいように、カウンセラーの先生も2名常駐しています。いつでも、お母さんのように親身に相談に乗ってくれますよ!

勉強に関しても、分からなくなったところからきっちりと復習ができるので、今までの遅れなどは考えなくて大丈夫です。やる気さえあれば、いくらでも遅れは取り戻せます。中には、小学校2年生の時から不登校だった生徒で、入学後一生懸命勉強して、大学に合格した卒業生までいます。過去のことは一切振り返らなくても大丈夫! これからがんばれば、いくらでも道は開けてくるのです。

また、心や体の調子に不安がある人もいると思います。そうした人でも通いやすいように、さまざまな工夫がしてあります。必修授業を午前中だけに集中させて学校にいなくてはならない時間を短くしたり、1学期および2学期のちょうど中間に1週間程度の休みを設けて心や体をリフレッシュできるようにしたり、宿泊行事などを強制参加ではなくしたりと、自分のペースを大切にできるようになっています。それでも、集団授業や週5日の登校がきつい人のために個別指導クラスも設けています。

中学卒業後の進路を考えると、なかなか尻込みして前に進めないという人はたくさんいます。でも、それはあなただけではありません。みんな同じように悩み、考えているのです。まずは、最初の一歩を踏み出してみてください。一歩踏み出すと、けっこう周りの景色が違ったように見えてくるものです。ぜひ一度、本校がどんな学校なのか軽い気持ちで遊びにきてみてください。教員・在校生一同、みなさんをお待ちしています。

 
■高校生の皆さんへ

高校に進学したけれど、今の学校にどうしてもなじめない、友人関係がうまくいかない、勉強についていくのが厳しい。そうした悩みを抱えている人は大勢います。もちろん、今の学校でがんばれるのが一番いい方法でしょう。でも、まったく勉強が分からなくなったり、体や心の不調として出てしまったりしたら、登校することが本当につらいでしょう。一度しかない青春時代ですから思い切り楽しく、充実したものにしたいですよね!

本校には、ほぼ毎月のように転入生が入学してきます。みな、夢を抱いて入学した高校で、何かしらの壁にぶつかって、悩み、もがいてきた生徒たちです。そうした生徒たちも、学校を転校するという決断は、とても勇気のいることだったと口々に言っています。たった一人で友達の輪ができあがっているところに飛び込むわけですから、緊張するなといっても無理な話でしょう。

でも、一週間もすれば、最初から本校にいた生徒かのように、他の生徒たちとなじんでしまっています。その様子は、私たち教員から見てもびっくりしてしまいます。それは、きっとお互いの気持ちがわかるからだと思います。最初から本校に入学した生徒も、途中で転校してきた生徒も過去に経験した壁はそれほど変わるものではないからです。また、本校では、転編入生の割合が(卒業までには)全生徒の3割を超えるほど多いため、途中で入学しても特別な目で見られることがないということも、なじみやすい一因となっているでしょう。
みな、転入生が来ると「あっ、また来た、来た。よろしくねぇ〜。」といって話しかけてくれます。

また、途中で転校すると勉強が心配という人もいるでしょう。単位に関しては、それまで学習した内容については、きちんと認められます。学校にあまり登校できていなかった場合でも、抜けてしまった部分についてはきちんと復習できるようになっていますので、心配しなくて大丈夫です。さらに、大学受験を目指して一生懸命勉強したい人には進学コースの授業もありますので予備校などに通わずとも学校できちんと勉強すれば、合格を勝ち取ることが可能です。

「途中から転入生として入っても大丈夫だよ!」と言われても、やはり心配はありますよね。そこで、本校では1週間の「体験入学」ができるようになっています。まずは1週間、本校でやっていけるかを実際に試してもらって、それから入学するかどうかの判断をしてもらえます。ホームページやパンフレットだけでは分からない「学校の雰囲気」を自分の肌で感じてみてください。みなさんのご来校をお待ちしています。

 
 
通信制サポート校 東京共育学園高等部 〒114-0023 東京都北区滝野川7-3-2 Tel:03-3910-2400 Fax:03-3910-4300
Copyright (C)Tokyo Kyoiku Gakuen Koto-bu. All Rights Reserved.