日本オルタナティブスクール協会(JASA)会員校/私立通信制高校サポート校

通信制サポート校東京共育学園
 
ご入学に関するご相談やお悩み
通信制サポート校東京共育学園
入学案内
新入学募集要項
転編入学募集要項
Q&A
入学希望の皆様へ
保護者の皆様へ
HOME > 入学案内 >Q&A
     
     
よくお問い合わせいただくご質問です。
 
新入学の皆さんから多いご質問
     
 

学校にまったく登校できていないのですが、入学することはできますか?

     
 

まったく問題ありません。本校に入学してくる生徒の約7割は、中学校時代に不登校を経験しています。高校入学後に頑張って通いたいという気持ちさえあれば、大丈夫です。

   
 
 

不登校だったため、高校の勉強についていけるか心配です。

     
 

本校では「基礎講座」という小中学校の復習をする講座があり、自分が分からなくなってしまったところまで戻って復習できます。また、教科によっては習熟度別クラスとなりますので、自分に合った学力の授業を受けられますので、心配しなくて大丈夫です。

   
 
 

病気を抱えていて、入学後も毎日通えるか心配です。毎日きちんと朝から登校しないとダメですか?

     
 

本校でも全日制高校と同じように、原則として2/3以上の出席を単位取得の条件とはしていますが、病気をはじめ、個人個人の心や体の状態には配慮しています。出席が思わしくない生徒には、補講や別の課題提出で出席を補うこともできますので、出席状態が悪いからといって、すぐに単位を落とすようなことはありません。また、欠席がとても多くなってしまって勉強についていくことが厳しい場合には、「個別指導クラス」で自分のペースで学習することも可能です。

   
 
 

集団が苦手なため、クラスに入れるか心配です。

     
  本校では、集団が苦手な生徒のために「個別指導クラス」が設置されています。このクラスでは、教員と1対1で勉強したり話をしたりして、学校生活を送ります。通常クラスとは異なり、月〜金まで毎日登校するのではなく、個人個人の状況に合わせてスケジュールを組んでいきますので、自分のペースを大切にすることができます。もちろん、途中から通常クラスに戻ることも可能です。
   
 
 

いじめにあっていたため、いじめられないか、友達ができるか不安です。

     
  本校には「職員室」がありません。教室の外には、いつでも教員がおり、校内で生徒だけになることはありません。これは、いじめが一番発生しにくくするための工夫でもあります。また、友達をつくりやすくするための工夫もたくさんしています。「プレ入学」や「新入生歓迎オリエンテーション」などの行事をはじめ、クラス編成、席順などまで気を配っています。教員が友達づくりのお手伝いをしますので、心配はいりません。
   
 
 

中学を卒業してだいぶたっています。年上で新入生として入学しても大丈夫ですか?

     
  大丈夫です。毎年、2割程度の既卒生が入学してきますので、年上の新入生もたくさんいます。今までで一番年上の生徒は、28歳で卒業しました。本校では、同級生の間のみならず、先輩・後輩の間の壁もありませんから、すぐになじめると思います。
     
 
 

障害を抱えています。受け入れてもらえるでしょうか?

     
  抱えていらっしゃる障害の程度によって、お答えが異なります。コミュニケーションが取れて、他の生徒に授業や集団行動で迷惑を及ぼさなければ、お受け入れが可能です。まずは一度、ご相談ください。
   
 
 

中学校時代に不登校でしたが、大学に行きたいと思っています。可能でしょうか?

     
  今後の頑張りしだいで、いくらでも可能性は開けてきます。本校の卒業生では、小学校2年生の時から不登校で、勉強も小学校高学年くらいから復習を始めた生徒が、大学の一般受験で合格した例もあります。高校生活は3年間ありますから、焦らずとも、じっくり学習していけば大丈夫です。
   
 
 

行事が苦手なのですが、どうしても学校行事には参加しなくてはダメですか?

     
  行事にはなるべく参加してもらっていますが、強制参加ではありません。どうしても無理な人は教員に伝えていただければ大丈夫です。
   
 
転編入学の皆さんから多いご質問
     
 

高校入学後、ほとんど学校に登校できていないのですが、転入学は可能ですか?

     
  高校に在籍さえしていれば、4月〜12月の間はいつでも転入学が可能です(3年生につきましては、9月末までのお受け入れとなります)。出席日数は問題にはなりませんが、欠席が多い場合には課題提出等で出席不足を補っていただく場合もあります。また、1〜3月につきましては、転入学のお受け入れができなくなっており、4月の新年度から入学していただくかたちとなります。
   
 
 

高校を中退してしまったのですが、今から入学はできますか?

     
 

高校をすでに中退してしまった場合は編入学でのお受け入れとなります。編入学の場合、入学を希望する月の前月末以降の日付まで当該学年で在籍していた場合は、お受け入れが可能です。それ以外の場合は、翌年度(4月)までお待ちいただくことになります。

(例)2年生の7月から本校への入学希望を希望する場合
 ・前在籍校で、前年の6月末まで2年生として在籍⇒7月から2年生として入学可能
 ・ 前在籍校で、前年の5月末まで2年生として在籍⇒翌年4月から2年生として入学可能
 ・ 在籍校で、当年の3月末まで1年生として在籍⇒翌年4月から2年生として入学可能

   
 
 

現在、高校の商業科(工業科・農業科・水産科など)に在籍していますが、転入学は可能ですか?

     
  可能です。それまでに修得した単位も認定されます。ただし、本校では普通科での卒業となりますので、卒業するために必要な単位で不足しているものについては、入学後、別の課題などで修得していただく場合もあります。
   
 
 

3年間で卒業できますか?

     
  卒業するためには、高校在籍期間が3年以上というきまりがありますので、前在籍校と本校での在籍期間を合わせて3年になれば卒業は可能です。また、単位数に関しては、卒業までに74単位以上を修得することが条件となります。
   
 
 

今在籍している高校で単位を落としそうなのですが、留年せずに転入学できますか?

     
  2年生に転編入学する場合には2単位以上、3年生に転編入学する場合には38単位以上修得できていることが条件となります。この条件を満たしていれば、留年せずに進級することができます。ただし、ぎりぎりの単位数の場合、未履修の科目を別の課題などで修得しなければならない都合上、学習面については他の生徒よりもだいぶきつくなります。よくご検討の上、転編入学する学年を決めてください。
   
 
 

今の学校で半年間、休学していました。転校して留年せずに進級できますか?

     
  休学に関しては、6ヶ月以内でしたら同じ学年での転入学ができます。ですので、本校入学後、頑張って休学していた期間の学習を課題などで取り戻せば、留年せずに進級することが可能です。ただし、休学期間や転入学の時期によっては、単位認定の時期が若干遅れる場合があります(留年するわけではありません)。
   
 
 

途中から転編入学して、他の生徒となじめるか心配です。

     
  本校では、卒業までに約3割の生徒が転編入生となります。毎月のように誰かしら入学してきて、在校生もなれていますので、特別な目で見られることはありません。あらかじめ気の合いそうな在校生に「転入生がくるからよろしくね!」と頼んでいますので、必ず話しかけてくれます。心配な人は、1週間の「体験入学」をすることが可能ですので、ぜひ学校の雰囲気を確かめてみてください。
   
 
 

だいぶ学校を休んでいたので、勉強についていけるか不安です。

     
  休んでいて抜けてしまった単元については、各教科の教員が個別でフォローしますので大丈夫です。教科担当の教員に、どんどん分からないところを伝えてください。とことん分かるまでお付き合いします。
   
 
 

途中から入学した場合、学費はどうなるのでしょうか?

     
  本校では、学費・施設費等については月割りになっていて、入学月以降の学費のみかかります。入学月やコースによって額が異なりますので、詳しくは資料請求をいただくか、お電話・メールなどでお問い合わせください。
 
 
通信制サポート校 東京共育学園高等部 〒114-0023 東京都北区滝野川7-3-2 Tel:03-3910-2400 Fax:03-3910-4300
Copyright (C)Tokyo Kyoiku Gakuen Koto-bu. All Rights Reserved.