■共育学園の特色

 本学園は「職員室」がなく、「校則」も必要最低限しかない、アットホームな雰囲気が特徴の通信制高校サポート校です。不登校経験者や病気や障がいを持った生徒、転編入生も多く受け入れています。
 1クラス20名程度の少人数クラス編成で、職員室もありませんから、先生と生徒の距離が近く、悩み事など、いつでも気軽に話すことができます。
 必修授業は午前中、午後は選択授業となります。2年生よりコース別(進学、ビジネス)授業を選択できます。それぞれの進路を万全にフォローします。
 また、小中学校の分野の復習(英語・数学)をしたい生徒のための講座「基礎講座」があります。学力にどうしても自信の持てない生徒も「わからないところから一人ひとりのペースに合わせて個人にじっくりと指導しますから、着実にレベルアップできます。


  • 職員室はありません!
    教室を出るとフリースペース。 「職員室」はあえて置いていません。 先生と生徒の信頼関係がとても強く、 アットホームな雰囲気です。

  • 少人数クラス編成
    1クラス20名程度のクラス編成です。クラスを決めるときも、個人個人の趣味や性格を考慮して編成するように心がけています。

  • 教員と生徒の距離が近い
    先生一人に対する生徒数は10名程度。 担任の先生だけにこだわることなく、 副担任や他学年の先生とも 打ちとけています。

  • ゆとりのあるスケジュール
    高校卒業資格取得のための必修授業は、 月~金の9:00~12:30まで。 1日40分×4コマの授業の中で ゆとりをもって学習に取り組めます。

  • 5ターム(期間)制のゆとり
    1学期と2学期それぞれを2つのターム(期間)に区切り、その間に1週間程度、心も体もリフレッシュするための期間を設けています。

  • 校則は必要最低限
    高校生なのだから、物事の良い悪いは自分で考えられるはず。ですから、決まりごとは時間に関することやマナーに関することなど、集団生活を営むにあたって必要な最低限の決まりごとだけです。もちろん、制服の着用も自由。常に自分で考えて行動するクセをつけて欲しいと思っています。


パソコン用の画像 スマートフォン用の画像
^